相葉マナブ『マナブ!旬の産地ごはん~東京都日の出町のトマト~』アレンジ料理は・どこで購入

今回の主役は日の出町のトマト。

東京都日の出町で地元農家の奥様方から、トマトを使った絶品料理を学びます。

日の出町といえばトマトが有名だったのですね。

ここ日ノ出町では、一年中トマトをハウス栽培で育てられているそうです。

日ノ出町のトマトは味が濃く、地元のトマトを使った缶詰も、特産品として販売されているようですね。


ロケ地東京都日の出町はどのあたり

東京都日の出町は多摩地区の西部にあたります。
日の出町は、多摩地域に3つある町のひとつとして西多摩郡に属します。

町内にはレーガン元アメリカ大統領が訪れてことのある、中曽根康弘元総理の別荘の日の出山荘があります。
当時は報道番組でも取り上げられて、一躍日ノ出町は全国区の知名度を獲得しました。

町名である日の出は、日の出山が由来になっています。
最近では、圏央道の日の出ICを中心にした道路交通網も整備されてきました。

過疎化が心配されている西多摩地区にあって、日ノ出町の人口は増加傾向にあるようです。
おもな産業は林業製材業といったところでしたが、近年はトマトの生産が盛んになってきています。
トマトを主体にした、ご当地グルメのイベントなども盛んに行っているようです。

しかし交通の便は町内に鉄道駅はなく、路線バスが主な交通手段となっています。
また相葉マナブとは別に、以前TOKIOの松岡昌宏さん主演で、テレビ番組高校生レストランのロケ地にもなっています。

日ノ出町のトマトを購入するには


日の出町ふれあい農産物直売所
電話番号 042-597-0340
アクセス JR福生駅から西東京バス武蔵五日市駅行きで20分、バス停:日の出折返場下車すぐ
駐車場  40台

日ノ出町のトマトの購入は、JAグループの日の出町ふれあい農産物直売場があります。

直売場では地元の新鮮野菜をはじめ草花の苗や、地元産トマトやブルーべりーを使ったトマトケチャップ、ブルーベリージャム等を販売しています。

目玉商品は「トマト」ですが店舗のそばでは、町内にある牧場のしぼりたて「ソフトクリーム」なども販売していますのでドライブがてら訪れるのにもいいかもしれませんね。

また地元には行けないという方でも、加工されたものならネット販売で買えるみたいですね。

日の出のトマトを使ったアレンジ料理とは

それではトマトを使ったアレンジ料理とはどんなものでしょうか。
フローズントマトを使った、夏にぴったりの料理だそうです。

一番手っ取り早いのはトマトをすって味を調えるだけのフローズンスープ
これなど残暑で弱った体にはぴったりな料理ですね。

そのほかにも砂糖やレモンを添えたトマトシャーベット
トマトの持ち味を生かし、コーンやツナをあえて冷製パスタなどが考えられますね。

しかしもっとあっと言わせるアレンジ料理が登場してくるかもしれませんね。
これは見てのお楽しみとなるでしょう。あなたもいろいろ想像して楽しんでください。

『マナブ!旬の産地ごはん~東京都日の出町のトマト~』の内容

今回は、東京・日の出町で栽培されている、
“日の出のトマト”を使った絶品料理を地元農家の奥様方から学びます!

夏のトマトは、日差しをたくさん浴びて育つことから、
味が濃く、酸味が強いんだとか!
また、収穫期間が短いので、皮が薄くなり食べやすいそうなんです!
そんな“日の出のトマト”を使った料理を教えていただきます!

まずは、夏におすすめ“トマトだれそうめん”!
トマトを一口大と角切りに切り方を変えて、
食感に違いを出すのがポイントだそう!
さらに、“あるもの”を入れることで
よりさっぱりした味わいになるんだとか!

トマト農家歴37年の奥様に教わるのは、
トマトを丸ごと凍らすだけでできる“フローズントマト“!
これを使って、夏にぴったりなアレンジ料理を作ります!
驚きの発想に、マナブメンバーも大興奮!!

そして今回も、相葉くんのお手製“お返し料理”を
お世話になった農家さんに振る舞います!
果たして今回は、どんなお返し料理を作るのでしょうか!?