大雄山最乗寺初詣、厄払いは出来る?

新年の初詣に来たのだから、厄落としのご祈祷をしていただくのも珍しい事ではありません。

また新しい年を家内安全に、無事一年を乗り切るために祈願するというのはいいですね。

大雄山最乗寺は天狗のパワーが棲むお寺としても有名です。

そこで大雄山最乗寺で厄払いが出来るのかまとめました。

大雄山最乗寺の初詣で厄払いはできるか?また予約は出来るか?

引用元:https://daiyuuzan.or.jp/

初詣は厄払いをしてもらうのに、もちょうどよい機会ですね。

大雄山最乗寺でも、厄除けのご祈祷はしていただけます

お正月などは初詣で混雑していているので、事前に予約できれば安心ですよね。

そこで予約はできるのか調べてみましたが、ご祈祷は当日の受けだけで予約はできないようでした。

大雄山最乗寺では通常は午前が9:30から11:30

午後は13:00から15:00迄の受付で、30分ごとのご祈祷です。

厄払いのご祈祷をしていただく場合は、ご祈祷の希望時間の10分から15分前に申し込めばご祈祷をしてもらえるようですよ。

初詣などお正月のご祈祷は時間が変更になっています。

・元旦特別祈祷 午前0時過ぎより
・朝の大祈祷 毎朝6時30分より(1/1のみ6時頃より)
・特別祈祷
1月1日~7日 午前9時~午後16時30分(12時休務)
1月8日~2月3日 午前9時~午後16時(12時休務)
※ 土日祝日は午後16時30分まで
※ 法要等で祈祷の時間が変更される場合があります。

こちらの時間は前年までの時間ですのでご参考にしてください。

お正月のご祈祷を受けられるときは、大雄山最乗寺様にお問い合わせください。

それでは厄払いは、いつ行えば良いのかは別の記事で紹介しています。

大雄山最乗寺の厄払いの料金はいくら?

引用元:https://daiyuuzan.or.jp/

それでは大雄山最乗寺で厄払いをしてもらう場合、ご祈祷料としていくら払うのでしょうか?

大雄山最乗寺では祈祷料として、お札を総受付窓口にて頂ける3000円の普通祈祷札

そして御真殿で、御祈祷に立ち会い直接お札を頂く10000円・50000円の特別祈祷札があります。

普通祈祷札であれは受付時間内であればいつでも頂けるのですね。

また大雄山最乗寺では初詣のこられなくても、郵送で御祈祷の申し込みをすることも出来ますよ。

御祈祷の申し込みは、祈祷札の種類と御札の祈祷料を送料(1000円)を同封して、現金書留で申し込むことも出来ます。

祈祷札の種類は特別札・普通札・交通札・船札。

祈祷料は普通札・交通札・船札が3000、特別札が10000円以上となっています。

大雄山最乗寺のご祈祷待ち時間は?

最乗寺でご祈祷をしていただく待ち時間ですが、普通のご祈祷は窓口にてお札を頂くだけですから待ち時間はないと思います。

つまり普通札の場合は、お守りを買うのと同様と考えてもいいのではありませんか。

ただ特別祈祷札を頂く時には、御真殿で御祈祷に立ち会うので待ち時間があります。

祈祷は30分ごとの行われますので、少なくとも30分の待ち時間はあると考えましょう

しかしお正月はパワースポットととしても人気のあるお寺ですので、混雑する時間もあると思います。

実際、混雑しておみくじも出来なかったというツイッターもありました。

普段は静謐の中にあるお寺ですが、やはりお正月くらいは最乗寺の存在も知ってもらいたいですね。