セイコーマートはすごい!!北海道にしかないコンビニ!!

いまでは日常生活の中で、なくてはならない存在のコンビニエンスストア。

24時間営業しているところもあり、急にお腹がすいたとき。

また旅先のちょっとした休息の時などには本当に大助かりですよね。

そんなお店の中には、地域限定のコンビニエンスストアもあるようなんです。

今回はその中から、北海道の道民ならお馴染みのセイコーマートを紹介していきますね。

道内では誰でも知っているセイコーマートですが


もともとセイコーマートは、道内のお酒屋さんだったそうです。
そこから派生して、コンビニエンスストアとなりました。

ですからほかのコンビニとは違い、異色の存在と言われています。
一店舗目は札幌市北区にできました。
それが今では道内だけでもで1000店舗近くになって来ました。

代表取締役さんが語るように「お客様のリクエストがあれば、採算度外視で全力で応える」
そんな企業姿勢が道内、他県でも高い評価を得ており、近年では埼玉県、茨城県にも出店しています。

セイコーマートは道内の原材料を使った商品が魅力


セイコーマートの魅力のひとつは、道内産のものを使用した商品が多いことです。
可能な限り品質の高い、北海道産の原材料を使用することにこだわっています。

また夏になると北海道産の、赤肉メロン果汁と北海道豊富町産の牛乳を使ったアイスも、6種類販売されるのですよ。

北海道産の牛乳を使用した、スタンダードなバニラアイスはもちろん味が濃厚です。
ヨーグルトも甘さが控えめで美味しいんですよ。
さらに108円総菜の種類も豊富なので、ちょっとしたおかずや、晩酌のおつまみに丁度いいところがまた高評価です。

学生の頃はお昼ご飯に、セイコーマートの108円総菜をよく買った記憶があります。
菓子パンも安くて、とてもおいしいんですよ。

セイコーマートの魅力は店内で調理される商品


セイコーマートでは近年、店員さんがお店の厨房でお弁当・おにぎり・ホットスナック・パンを調理して販売する「ホットシェフ」という商品があります。

それがとっても美味しくて、出来立ての暖かさをいつでも味わえます。
大きいおにぎりという商品は、文字通り一般商品よりもボリューム感があり、具もぎっしり入ってます。

具はベーシックな鮭と、北海道ならではのチーズおかかがおススメです。
このおにぎりは本当に大きく、1個でも大変満足ですよ。

お昼の食事にはフライドチキンと、大きいおにぎりでも十分満腹になれます。

お店の厨房で焼くメロンパンやクロワッサンはふわふわですし、調理したフライドチキンやポテトはジューシーでホクホクです。
出来立てをすぐに食べることができるセイコーマート
コンビニのクオリティとは思えないほどの出来栄えです。

セイコーマートでお気に入りのワインも

もともとセイコーマートはお酒屋さんだったこともあり、ワインも豊富に取り扱っています。
日本のワインをはじめ、スペインやアルゼンチンからも仕入れを行っています。

さらにチリ産のジーセブンは、セイコーマートでも人気No.1ワインです。
またチリ産のカベルネ・ソーヴィニヨンは、日本でも多くのファンを持っていますよ。

カベルネ・ソーヴィニョンの季節になると、セイコーマートのTVCMでは毎回お馴染みの曲が流れ、それで認知される方もいるのではないでしょうか?

そしてお値段のほうも低価格です。
390円からとお手頃なので、手軽に食事と一緒に楽しめますよね。

ワインは苦手という方には、サングリアや焼酎なども取り扱っています。
なおサングリアは500円という低価格なのに、甘口で口当たりが滑らかで大変飲みやすく、こちらもおすすめな商品です。

北海道に行ったらセイコーマートの魅力に触れてみよう

道民に愛され続けているセイコーマートの魅力は伝わったでしょうか?
サービスエリアや郊外にも出店していて、セイコーマートを見つけるとどこか安心出来る北海道民のホットスポットです。

北海道産の原材料を使用した食材を気軽に楽しめ、広い店舗だとカフェスペースもあるのでゆったり休憩もできるんですよ。

また代表取締役さんが語る「お客様のリクエストがあれば、採算度外視で全力で応える」という企業姿勢は道内では顕著に体現されています。

ですから少し離れた郊外にも出店されており、ツーリングで北海道に訪れる方やちょっとしたドライブで利用する方にも多く大変重宝されているんです。

あなたも北海道に行った際には是非立ち寄ってみてはいかがですか。
きっとお気に入りの商品が見つかりますよ。