小木曽製粉所 【大和桜ヶ丘店】神奈川県で唯一食べられます。

長野県ではおなじみの小木曽製粉所の蕎麦。

旅行などで信州を訪ねたときに利用した人もいたのではありませんか。

小木曽製粉所は長野県限定の地域店舗しかありませんでした。

ですから利用するには信州に行くしかない。

でも最近神奈川の桜ヶ丘というところで発見しました。

そば好きの人は一度訪れてみたらいかがですか。

桜ヶ丘で神奈川唯一の小木曽製粉所を見つけた

桜ヶ丘といってもほとんど馴染みのない人が多いのではないでしょうか。
特別なにか観光施設があるわけではありません。

しいて言えば近くに厚木飛行場があると言えばピンと来る人もいるかもしれませんね。
むしろ桜ヶ丘といえば横浜の保土谷を思い浮かべる人の方が多いかもしれません。
コチラなら県内でも保土谷球場などあり幾分知っている人も多いと思います。

今回小木曽製粉所がある桜ヶ丘は県央の大和市に位置します。
ですから小木曽製粉所の最寄り駅は、小田急江ノ島線の桜ヶ丘駅になります。

最寄り駅といっても小木曽製粉所へは徒歩で10分ほど行ったところになります。
決して便利がいいとはいいがたいところです。
通称中原街道沿いのロードサイドにありますので、ドライバーの方が多いようです。

それでも地元では日本そばは珍しく人気店のようですね。
そば好きで多少の不便もいとわないという人には、小木曽製粉所はおすすめです。

小木曽製粉所とのこだわりとは

小木曽製粉所は、こだわりとクオリティーをもって、美味しい蕎麦をおなか一杯食べて欲しいと宣言しています。

宣言の一は厳選された上質な蕎麦粉を、自社で製粉・製麺するというこだわりです。
信州はきれいな空気に水、そして昼と夜の寒暖差が激しく蕎麦栽培には最適な環境です。

そんなに最適な環境で育った、上質な玄そばを厳選し使用しています。

宣言の二は鮮度にこだわることです。
三立てと言って「挽き立て」「打ち立て」「茹で立て」とお客さんの前で調理して提供します。
ですから茹で置きは一切していません。

ざる蕎麦、かけ蕎麦とそばが2種類しか有りません、代わりにサイドメニューは充実しています。
天ぷらをはじめと山賊揚げといった信州独特のトッピングメニューも用意されています。
また季節限定のメニューもあり、四季を味わうこともできます

そして小木曽製粉所の蕎麦は「二八そば」です。
自社で製粉された出来立てのそば粉を工場から直送して来ます。

宣言の三は価格にこだわるということです。
小木曽製粉所看板メニューの「ざる蕎麦」は並盛りから大盛りまで500円の均一料金

蕎麦だけでも満腹になることができますね。
自社で製粉・製麺しているからこそリーズナブルな価格でご提供できるようです。

以上が小木曽製粉所の3つのこだわりだそうですよ。

小木曽製粉所での注文方とは

小木曽製粉所の注文方法は、讃岐うどんの丸亀製麺などと同じようにセルフサービスとなっています。
ただ 小木曽製粉所はそばは、ざる蕎麦とかけ蕎麦と2種類です。

あとはトッピングを注文するというスタイルです。
しかしざる蕎麦は並盛から大盛りまで3種類のそばが、500円という同一料金で食べることができます。

うれしいサービスですよね、それならお蕎麦だけでまんぷくになること請け合いですね。
それにランチタイムには日替わりセットがあります。
もっとガッツリ食べたいという人にはそちらもおすすめですね。

ただ蕎麦が茹で上がるまでには2,3分待つことになります。
でもゆでたての手打ち蕎麦が、手ごろな値段で食べられるのです。

待ち時間など全然気になりませんよね。
むしろ待たされた方が、おなかの虫も騒ぎ、よけいにおいしくいただけるというものです。